BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マツエク
  4. オフィスマツエク
マツエクボリュームラッシュ37

オフィスマツエク

マツエクは、つけまつ毛のように毎日付ける必要が無く、一度付けたら1ヶ月ほど持つのでメイクの時間も短縮出来ます。女性にとって、マツエクは可愛くなれるとっておきのアイテムですよね。

しかし、仕事用と休日用と付け替えることができないので、あまり派手にしすぎるとオフィス向きで無くなってしまうのが難点。ですが、オフィス向けの素敵なデザインも沢山あるので「マツエクは付けられない」と諦めている方は、ぜひ一度この記事に目を通してみてください!働く女性のオフィス向けのマツエクデザインを多数ご紹介いたします。

マツエクはどんどん進化している!?

ここ何年かで、マツエクの利用者数はグングン増え続けています。初期の技術ではいかにもマツエクを付けている感が出てしまっていましたが、技術が進歩した今本物のまつ毛に近くなったことにで、職場などでも受け入れられるようになりました。むしろ、マスカラやアイラインをがっつりと施すよりも、マツエクを付ける方が自然に見えることも多いです。

では、オフィスマツエクにはどんなデザインや施術方法があるか見ていきたいと思います。

長さや細さはどれを選べば良い?

アイラッシュサロンでは、お客様の希望のデザインに沿ってアイリストさんが施術してくれます。

デザインのイメージとしては、キュート、セクシー、ナチュラルなどがありますが、オフィス向けのデザインを選ぶならナチュラルを選択するのがベストと言えます。アイリストさんにも、オフィスで使用できるデザインにしたい旨を伝えると良いでしょう。

かなり、メイクに厳しめの職場でしたら、自まつ毛より1、2ミリ短い長さにして、太さは細めの0.1ミリを選ぶとナチュラルかつ目力のある素敵な目元を演出できますよ!派手すぎないデザインであれば良いという職場であれば、長さは自まつ毛と同じかもしくは少し長めを選ぶのもオススメです。

付ける本数はどれくらいがベスト?

マツエクは基本的に両目で80本ほど付けるのが平均的ですが、始めてマツエクを体験する方でしたらまずは両目で50本ほど付けて様子を見てみるのが安心です。50本だと通常のマツエクよりは少なく感じますが、すっぴんのまつ毛と比べると、自分では印象が変わったことを確認できるレベルになります。初めてマツエクを体験する方は、グルー(接着剤)が自分に合っているかや、周りの方のマツエクへの詮索なども重要なポイントになってきますので、少なめに付けてみて自分に合っているか確認出来たら、徐々に本数を増やすのが理想的です。80本や120本などに本数を増やしても、デザインによってはかなりナチュラルに見えます。まつげエクステは本数だけで考えず、全体のバランスや自まつ毛とのバランスで調整することでナチュラルなデザインに仕上がりますよ!

ナチュラルに見える毛質とは?

マツエクでは、毛質を選ぶことが出来ます。店舗によって様々ん毛質がありますが、基本は下記の三種類です。一般的な毛質の種類は「シルク」「ミンク」「セーブル」の三種類で、それぞれ毛質やの加工方法が異なります。

シルクは、艶やかな毛質が特徴で、本数が多ければ多いほど、艶やかで強めな印象になりやすいです。マツエクの中でも一番有名で、値段も比較的安いため選ばれることが多い毛質です。毛質としては硬いので、つけたときにゴワゴワ感があり好みが分かれるところでもあります。硬い分、カールの持ちが良くボリュームを出してくれるので目元をはっきりさせたい人向けの毛質でもあります。

ミンクはナチュラルで自まつげに近い毛質で、シルクよりも柔らかくマットな質感が特徴的です。つけ心地が良いので、マツエクが初めての人におすすめです。カールの持続性がないという点がデメリットですが、カール感が重要ではない人にはとってもおすすめです。

セーブルは、最も自然なまつ毛に仕上がるのが特徴で、シルクやミンクよりも更に柔らかく付け心地もとても良いです。毛質の中では最高品質とも言われています。

できるだけ自然に見せたいオフィスマツエクでは、セーブルの毛質を選ぶと良いです。値段はシルクやミンクに比べると高いですが、マツエク特有の不自然な光沢感もないので、1番馴染みやすく、一番バレにくい毛質です。ただ、サロンによっては同じ毛質でも違った見え方になることも多いので、様々な毛質を一度目元に当ててもらってどの毛質にするか選ぶと良いでしょう。

ナチュラルに見えるカールは何カール?

サロンによって取り揃えているカールの種類が異なる場合がありますが、基本的にはJカール、Cカール、SCカール、Dカールがあります。JからDに向かってカールが強くなっていくので、できるだけナチュラルで自まつげに近いデザインにしたい場合はオールJカールにするのがオススメです。Jカールはすっぴんの自まつ毛のように、ほぼストレートな状態のカールです。最近はビューラーをあえて使用しない自然なメイクも流行なので、休日はアイラインやリップを濃い色味にすることでJカールでも毎日メイクを楽しめますよ!

いかがでしょうか?まつげエクステは、オフィス向けのデザインも充実しています。まつげエクステを付けると日々の生活のハッピー度が上がりますよね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事