BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マツエク
  4. マツエクの敵!?まつ毛の乾燥・痛み・紫外線

マツエクの敵!?まつ毛の乾燥・痛み・紫外線

“ヘアケア”という単語は良く耳にしますが、”まつ毛ケア”という単語はあまり聞かないように思います。でもまつ毛も髪の毛と同じ”毛”なので、ちゃんとケアをする事で艶が出たり丈夫になったりするのです。まつ毛はアイメイクにおいても重要な役割を果たす部分なので、是非ちゃんとしたケアをして良いまつ毛の状態を保っていきたいですね。

まつ毛も乾燥するの?

肌や髪の毛と同じように、まつ毛も乾燥します。髪の毛が乾燥によってパサパサしたり絡みやすくなったりするような事が、実はまつ毛にも起こっているのです。

まつ毛は髪の毛と同じく、三層構造になっています。一番内側がメデュラと呼ばれる毛髄質、中間層はコルテックスと呼ばれる毛皮質、一番外側がキューティクルと呼ばれる毛小皮で成り立っています。この一番外側のキューティクルはケラチン細胞が鱗状に重なり合っているもので、まつ毛を外からの刺激から守ったり、まつ毛に光沢や艶を持たせる働きをしています。

ですのでこのキューティクルが傷ついたり、何もケアしないでまつ毛が乾燥し続けると、毛の中の水分を保持できなくなります。そうするとまつ毛が細くなったり抜けやすくなり、まつ毛の健康が失われていくのです。また、マツエクをしている方は自まつ毛が乾燥しているとマツエクがはがれやすくモチが悪くなるというマイナス面があります。

まつ毛にダメージを与えないために

キューティクルを傷つけない為に、まつ毛への物理的なダメージを最小限に抑える事が必要です。例えば”ホットビューラー”はまつ毛を上げる為にまつ毛に熱を加えるので、乾燥しやすくなります。また、”目をこする”や”雑なアイクレンジング”も物理的にまつ毛を傷つける事になります。

最近はお湯で落ちるタイプのマスカラも沢山発売されているので、クレンジングで落ちやすいアイメイク商品を選ぶ事も大切です。お湯で落ちるタイプのマスカラはクレンジングが簡単な為、クレンジングの際の摩擦を最小限に抑える事が出来ます。また、まつ毛のクレンジングは横にこするのではなく、縦に落とすようにするのがクレンジングによるまつ毛へのダメージを少なくするコツです。お湯で落ちるタイプのマスカラはマツエクをつけている方でも使えます。

さらに、マツエクをつけている方はマツエク用のコーティング剤もあります。マツエク用のコーディング剤はマツエクを保湿する効果や、摩擦からマツエクを守る効果があり、こちらを日々マツエクに塗る事でモチを良くする事が出来ます。またコーティング剤を塗る事でマツエクに艶が出る為、ボリュームのあるマツエクを利用している方はこれを塗るだけで目力アップ!

コーティング剤には透明のタイプと黒色のタイプがあり、黒色のものはマスカラの効果もあります。マツエク用のコーティング剤には粘度が強いグルーを補強するタイプのものと、サラサラとした美容液の役割を果たす2種類があるので、ご自身の希望に合ったものを選びましょう。

紫外線はまつ毛にも天敵!

肌や髪の毛の天敵である”紫外線”ですが、もちろんまつ毛の天敵でもあります。紫外線によりまつ毛が乾燥し、細くなったり艶がなくなったりハリが失われたり・・・。紫外線にあたる事によるデメリットは多くあるので、出来る限り避ける事が望ましいです。まつげ自体を紫外線から守るには、肌を守るように日傘や帽子等で顔に直接紫外線があたらないようにする事はもちろん、日々のケアとても大切。まつげ用美容液で朝晩保湿を行うようにしましょう。

まつ毛用の美容液といっても様々なものがありますが、基本的にはビオチンやパンテノールなど、ビタミンBを配合した商品が多く、その他にもまつ毛を乾燥させないような保湿成分が入っている為、塗布する事でまつ毛の栄養と休息を与える事が出来ます。まつ毛の主成分は髪の毛同様ケラチンというタンパク質ですが、多くのまつ毛用美容液に含まれているビタミンB群はタンパク質がまつ毛に働きを助ける役割を持っています。

まつ毛の”毛周期”は髪の毛よりは短いので、こういったまつ毛美容液などを使ってケアに励めば新たに生えてきたまつ毛が以前より太くなっていたり艶が出たりという、嬉しい効果を感じられる場所でもあります。

血行を良くしてまつ毛を元気に

これまで書いてきたように、まつ毛自体へのケアはもちろん大切です。ただ毛というのは体の中から生えてくるものですから、体の中へのアプローチも出来たら更に良い効果が得られます。まずまつ毛や髪の毛のヘアサイクル”毛周期”を正しいリズムで保つためには、血行が重要です。

目の周りや顔、頭などへのマッサージを行って血行を良くする事で、良いまつ毛の状態を保つことが出来ます。その他にもアイクリームなどで目の周りの保湿を行う事もお勧めします。また、栄養面から考えると血流を良くするためのビタミンEや、先ほど紹介したタンパク質やビタミンB以外でもビタミンC、亜鉛も積極的に摂取する事が望ましいとされています。

これまでにご紹介したまつ毛へのケアを正しく行う事で、乾燥に負けない艶のある丈夫なまつ毛を手に入れましょう。マスカラを使っている方も、マツエクを使っている方も、まつ毛を健康に保つ事で自分の理想のアイメイクが楽しめるようにしたいですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事