マスカラ・ビューラーはまつ毛にとってどうなのか?

  • 2020年9月23日
  • 2020年9月23日
  • 技術
  • 39view

一昔前は目元ボリュームアップするならつけまつげ、濃いアイメイクをするぐらいしか選択肢がなかったです。
自まつ毛に直接エクステつけて、まつげそのものボリューミーに見せるマツエクが登場してアイメイクの常識が変わりました。
そして、デザインが多彩となってボリューム出す以外に目元、顔全体の印象かえる手段にかわりました。
一方マツエクのメリットやデメリットに関してあまり知らない人も増えています。
朝あわただし時間ビューラーでまつげ一生懸命カールつけ、マスカラ塗ったり、アイラインひいたり、こうした手間かかるメイクはまつエクして不要になります。まつエクはグルーという接着剤を利用して自まつ毛にエクステくっつけて、デザインによりますが、2~3週間ぐらいは同じデザインが持続します。
エクステは元からカールついていてボリュームあるのでマスカラ必要ありません。
忙しい生活してる方は、本当にありがたい時短メイクになるはずです。
そして、まつ毛カールさせるため利用するビューラーは自まつ毛にかなりダメージ与えてるのを知ってるでしょうか?
毛を挟む、上向きに引っ張るなど、こうしたメイクでまつげは弱っていきます。
まつエクをしてみればビューラーをすることなくなってまつげダメ―ジから解放させてあげられます。
そして、地まつ毛に固定されてるまつエクはそのままプールに入れて、ここが一番のメリットでつけまつげとれて見た目へんになる等心配しないで思い切り楽しめるのです。

ですがマツエクは水濡れても平気といったことは間違った常識です。
そして、水分長期にわたりグルーに付着してれば接着力弱くなり、エクステが外れやすくなります。
この点しっかり覚え水がついたらなるべく拭き取る様にしましょう。
最近エクステはとても軽量になってきて、地まつ毛の本数少ない方も気軽にボリュームアップ可能です。
また、エクステカールの強さ、色などくみあわせてコンプレックス解消させられて、目がちょっときついのが悩みなら目じりのエクステ長くしたりなど色々なデザインが出来るように進化しました。
ビューラーしたりマスカラからつけなくても目の印象はっきりして毎日の化粧も楽になります。
専用の接着剤グルーでまつ毛に、人工毛を接着させ洗顔したり風呂、プールでもすぐ取れるといったことがないです。
ビューラーで毎日まつげはさみアップさせたり、マスカラ塗ってごしごしオフすることは想像以上まつげへ負担がかかります。
まつエクでもまつげへダメ―ジが多いと聞いたことありますが、まつ毛エクステすればまつげ激しく痛むというイメージもありますがホームケア、自分の取り扱いで私大によりまつげへダメージ関わります。
つけまつげのように毎日取り外ししなくてもいいことも、まつ毛引っ張ったりすることが減ってダメージ軽減になります。
そして、エクステ専用グルーをつかって自まつ毛に人工毛のつけ毛を装着させてまつげ長く華やかに見せられます。
マツエクのメリットですがマスカラ、つけまつげはつけてる感じがでやすくて見た目分かりやすいですが、まつ毛エクステはつけること感じさせない自然な仕上がり、ボリュームの仕上がりまでいろんな希望のデザインが可能です。そして、エクステは数種豊富にあって、自分に合ったものを選べます。女性の地まつ毛は様々で、まつ毛エクステもつけまつげと一緒で、カールタイプ、長さ豊富で、たくさん試して自分の気に入ったものを見つけるのが大事です。
まつエクは一度つけると個人差はありますが3週間~1か月はそのままでいいです。
常にきれいな状況にしたければ1~2週間おき整えるリペアといった方法があります。
ですから、つけまつげはつけっぱなしにできなくて毎日しなくてはならず、まつ毛エクステはまつげエクステサロンでアイリストに着けてもらって、3週間~1か月ほどつけたり外すことなく過ごせたりします。そして、つけたままでよくて毎日楽でハッピーです。
まつ毛エクステすると朝のまつげ化粧に時間一切かからず、メイク時間短縮になるのが忙しい人、面倒な女性に人気なのです。
そしてマツエクの接着剤は汗にとても強くて、メイクしても落ちてしまうといったスポーツする方にも人気です。そして、まつ毛エクステするときうまく付き合わなくてはデメリットがあります。まつ毛へダメージあったり特別な洗顔が必要だったり、ウォータープルーフのマスカラはNGです。そして、デメリットをしっかり知って、まつげダメージ避けられて、しっかり把握して綺麗なマツエクライフをしましょう。
そして、通販でまつげエクステキットが多く売られてますが、まつ毛エクステは毎月メンテアが必要でありも金がかかります。
そして最近通販で買ったまつ毛エクステキットで自分でエクステつける方が出てきてます。
ですがセルフエクステはあまりすすめられなくて、自分でエクステ装着できますが、鏡見ながらエクステまつげ装着するのは至難の業であり思い通り仕上がり難しかったりします。とても危険なので注意しましょう。

最新情報をチェックしよう!