BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マツエク
  4. マツエクでアナフェラキーショックは本当に起きるの?アレルギー反応に注意!
マツエクパーフェクトラッシュ1

マツエクでアナフェラキーショックは本当に起きるの?アレルギー反応に注意!

マツエクは目元を美しくするためのツールですが、マツエクによってアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。アレルギー反応やアナフィラキシーショックが起きてしまってはお洒落どころではありません。アナフィラキシーショックは重度のものでは命に関わります。とはいえマツエクは重度のアナフィラキシーショックを起こす確率は低いとされています。過度の心配は必要ありませんが、ある程度ご自身の体調や体質を把握した状態でマツエクに挑む方がいいと思います。

マツエクのアレルギーの原因と症状

マツエクをした時に引き起こされるアレルギー症状は主にグルーの成分によって引き起こされます。グルーの主成分であるエチルアノアクリレートやブチルシアノクリレートなどの成分や、微量のカーボンに反応してしまうことが考えられています。目が沁みてしまう原因でもあるホルムアルデヒドの発生も原因となることもあります。

この症状は要注意!

主なアレルギー症状としては、目の周りの痒み、まぶたの赤みや腫れ、皮膚の炎症やカサつき、目やに、目がゴロゴロする、目の充血などがあります。この場合は軽度であったり、ホルムアルデヒドの揮発成分に反応した場合も考えられます。アレルギーだった場合、施術後48時間以内に症状が出るので施術中だけでなくその後2日ほどは体調の変化などに気をつけた方がいいでしょう。

アレルギーの場合は、目や顔以外のところにも症状が出ます。アナフィラキシーショックとしては呼吸が苦しくなったりしてきた場合はかなり危険なので早急に病院に行くかマツエクをオフしてもらいに行きましょう。くしゃみや咳が多くなったりしてもアレルギー反応の可能性があります。

マツエクのアレルギー反応とテープかぶれは似ている

マツエクの施術にはまぶたをおさえておくテープを使います。上瞼にも下瞼にも使うのですが、不織布テープは肌に低刺激ではあるものの、粘着成分にかぶれてしまう人もいます。その場合、まぶたに痒みが出たりすることでアレルギー反応と混同してしてしまうこともあります。掻いてしまうともうわからなくなってしまいますが、テープかぶれの場合はテープの部分だけ赤くなるので注意深く観察しましょう。

マツエクによってアレルギーが発症してしまった場合、マツエクをすること自体にかなり慎重になった方がいいと思います。テープかぶれの場合は、テープを使用せずに施術したり、体調の良い日にまたトライしてみるなどの対処ができます。

アレルギーではないけれど要注意のマツエク疾患

マツエクをすることで目周りのトラブルが増えることがあります。施術中に目が沁みることから、洗顔や寝癖などによってマツエクの向きが変わってしまって逆さまつげのようになったり、まぶたにものもらいができてしまったりすることもあります。充血や痒みなどアレルギー反応と似たような症状が出るので注意が必要です。特にマツエクユーザーが気をつけたいまつげダニについてご紹介します。

まつげダニは5人に1人が持っている

ダニと聞くと震え上がってしまう虫の苦手な人もいるでしょう。顔ダニは誰しも持っているものですが、まつげダニは目周りを清潔にすることで退治することができます。マツエクをしていることで、まつげの根元にあまり触れないように洗顔をするマツエクユーザーもいると思います。そのことがまつげダニの温床を作ってしまい、目の充血やドライアイ、目がゴロゴロしたりネバネバしたり、という症状が出ます。マツエクのもちも気にしつつ、まつげダニの生息しない目元にするにはアイシャンプーなどがおすすめです。

マツエクによって引き起こされる不快感は放っておかない

アレルギー反応であろうとその他疾患であろうと、マツエクをすることによって引き起こされた症状をそのままにしておくことはよくありません。施術直後に沁みていたが少し時間が経ったら気にならなくなった、というのはあまり問題ありませんが、痒みや腫れなどで目を強く擦ったりすると、視力の低下を招いてしまったりします。マツエクどころかコンタクトもできなくなってしまったり、重大な目の疾患になってしまうことも考えられるのでマツエク前後の体調には良く注意しておく必要があります。

アレルギー症状が出てしまったら

マツエクをしたことでアレルギー症状が出てしまったと感じたら、まずはマツエクをオフにしましょう。施術中に息苦しくなったりなどした場合、アイリストからも目が腫れてきたなどの外観症状もあると思うのでその場でマツエクをオフにしてもらい病院に向かいましょう。マツエク後数時間経ってからの症状ではまず病院に向かい、マツエクをしてくれたお店に迅速にマツエクのオフに対応してもらえるか相談してみましょう。

アレルギー症状が激しく出てしまったりすると、命の方が優先なのでマツエクをむしってしまったり切ってしまったという対応も考えられます。そうなると、女性ですから後々かなり切ないことになってしまうので、リムーバーでオフにしてもらえるように手を考えておきましょう。

アレルギー体質でもマツエクはできるのか

不織布テープでのかぶれやホルムアルデヒドの揮発成分やグルーのアレルギーなど、元々アレルギー体質の人は十分に危険であると思います。アレルギー体質ではマツエクを諦めるべきかというと、一概にそういうわけではありません。

ノンカーボンタイプのグルーはアレルギーの発症を押さえることもあります。体調の良いときを選んで施術することや、まずはパッチテストをしてみてアレルギー症状が出ないかどうかを確認することができればマツエクも可能になるかもしれません。

アレルギー反応や諸症状が出ないようにマツエクの施術店でも様々な予防策を取ってくれるところもあります。カウンセリングをきちんとする店にすることや、パッチテストしてから施術すること、テープへのかぶれに対応してくれたりするお店を探すこともおすすめです。もちろん本人も体調が整っていない時はマツエクは控えることも大切です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事