BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マツエク
  4. エクステをある程度の周期がきたら外してメンテナンスしないといけない理由
puuwai店舗入り口

エクステをある程度の周期がきたら外してメンテナンスしないといけない理由

マツエクをすると、サロンでは三週間のリペアをおすすめされます。リピートでまたきてもらえるように次回のご予約、という形でもありますが、マツエクのメンテナンスや自まつ毛の健康管理の意味もあります。信頼できるアイリストさんだと思ったら、ぜひリピート客になりましょう。

マツエクのメンテナンス方法

マツエクのメンテナンスは、ホームケア、リペア、オフの三つです。施術後のホームケアが悪いとモチも悪くなってしまいますし、自まつ毛も弱くなってしまいます。リペアとオフはサロンでやる方が断然安全で安心です。セルフでやるのも流行っていますが、予期せぬトラブルを生みますからそこはプロにまかせるべきです。

マツエクのホームメンテナンス

マツエクは水分、油分、摩擦にとても弱いです。ホームケアでは極力それらを遠ざける必要があります。施術直後は特にですが、水分はついたままにしないこと、油分を含むケア用品はなるべくマツエクに付着しないようにすること、シャワーも直接当てず、できればまつげに触れないよう擦らないようにすることなど、ちょっとした意識でマツエクのモチは変わりますし、自まつ毛に過度の負担がかからないようにできます。

マツエクリペア

リペアはサロンで施術後2週間~4週間の間で、マツエクが落ちてきてスカスカしてきたり、マツエクの乱れが目立ってきたりした時におすすめのメンテナンスです。サロンでは取れかけたまつげは直したり外したりしてから、取れてしまっている自まつ毛を前処理してまた新しくマツエクをつけていきます。

マツエクオフ

オフは、マツエクを全部一旦取ってしまうことです。専用のリムーバーを使ってグルーを溶かしてマツエクを1からつけ直します。このリムーバーは強力な薬剤なので毎月毎月オフするのはまぶたにもまつげにも負担をかけてしまいます。リペアよりオフの方が時間もかかりますしお金もかかります。

全オフする理由

リムーバーが強いことでまつげやまぶたの負担になってしまうなら、なぜ全オフをするべきなのでしょうか。基本的には衛生面での問題を改善するためです。

眼の炎症の改善

マツエクのリペアを続けていると、まつげの毛周期によって満遍なくまつげが抜けたりマツエクをつけたりしているのかと思いきや、グルーがずっとつきっぱなしの部分ができてしまいます。マツエクのモチをよくしたいと考えるとついつい洗い方も甘くなってしまうので、まつげとまぶたのキワに汚れやメイク、皮脂がたまりやすくなってしまって、まつ毛の根元の毛穴詰まりを起こしてしまって眼の健康を害してしまうことが考えられます。その前に一旦オフして、目のキワまで洗えるようにマツエクがない状態があった方が衛生的に望ましいのです。

まつ毛ダニの除去

人の皮膚に寄生するニキビダニの一種で人の毛根、特にまつげに寄生するダニです。多くの場合はまつ毛ダニは無症状のことが多いですが、多くなるとまぶたがただれたり、目がごろごろしたり、充血が治らなかったりします。まつ毛ダニは目元の皮脂などを餌にして生活していますから、マツエクをしていることでまつ毛のキワまでいつも十分に洗えていない状態でいると、まつげダニの繁殖を促してしまいます。

まつ毛ダニは上記の目の炎症を引き起こしたり、まつ毛の毛根細胞を食い荒らしてしまって毛周期を遅らせてしまったりとあまりいいことがありません。このため、マツエクもモチと衛生面との兼ね合いを考えてもある程度の周期で一度全てマツエクを全て外してメンテナンスするべきだと考えます。

アイシャンプーでマツエクをしながらもきちんとまつげの根元まで洗うようにするのも一つの手です。たまにメイクをしたままマツエクをつけにいってしまうとアイリストさんたちがメイクを落としてくれますが、アイシャンプーを使っていることが多いです。

マツエク専用のアイシャンプーは、マツエクをしながらでもできて衛生面のフォローもある程度できるのでオフに耐えられない、またはリムーバーの強さに耐えられないけれどマツエクはしていたい、という方にはアイシャンプーもおすすめです。

まつげの健康とデザインの再編

衛生面以外にも、マツエクを一旦オフすることで自まつ毛を休ませてあげることができます。その間にビューラーなどをしてしまうと休むことになるかどうかは少し疑問ですが、マツエクをオフにしている間はなるべく負担がないように美容液等で強化しながら自まつ毛の成長を待つと、まつげやまぶた、目の清潔さと健康を保てますし、マツエクをしたことで貧毛症になることも防げます。

オフにするとリペアの時よりもマツエクの全体デザインを大幅に変更することもできるので、清潔で新鮮なマツエクをまたやり始めることができます。その時には、前回のサイクルより自まつ毛が強くなってモチも良くなっていることでしょう。

推奨サイクル

マツエクのサイクルとしては、マツエクをつけたら4週間程度でリペア、もう一度4週間程度でリペア、4週間程度で今度は全オフ、1週間~2週間お休みさせる、という3~4カ月程度のサイクルで回していくと、目とまつ毛の健康を守りつつ、マツエクを楽しんでいただけると考えます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事