BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 技術
  4. うつ伏せ寝はエクステの敵

うつ伏せ寝はエクステの敵

エクステをつけたての時は軽く違和感のような感じがあるので意識していますが、眠る頃にはエクステが付いているのを忘れがちですよね。特に眠る時は無意識に目を触ってしまったり、眠る時の個人的な癖がエクステのもちを悪くしてしまうことがあります。

エクステのもちを悪くするうつ伏せ寝

特に寝る時のうつ伏せ寝はマツエクにとって良くありません。一番いいのは仰向けですが、横向きでも問題はありません。寝る時の癖なので直すことは難しいとは思いますが、エクステのもちに影響が出ないように眠ることはできます。もし、ご自分のうつ伏せ寝の癖のせいでマツエクを諦めようとしているなら、うつ伏せ寝でもできるだけエクステに影響が出ないような寝方をご紹介いたします。

摩擦が起こるとマツエクは取れる

うつ伏せ寝がマツエクのもちに影響が出やすい原因の一つに、寝ている時に枕と摩擦が起きてしまうことです。マツエクは自まつ毛の周りにエクステのまつげをグルーで貼り付けます。グルーは横の摩擦に弱く、ゴシゴシしてしまうとグルーが剥がれやすい構造になっています。グルーが剥がれやすい分にはもったいないことではありますが、その場合エクステよりも自まつ毛ごと抜けてしまうこともあるので心配です。その場合は毛周期の関係ですぐ生えてくることはできないのでまつげがスカスカになってしまいます。

マツエクが曲がる、折れる

また、うつ伏せ寝で目元を圧迫した状態が続くとマツエクが寝ぐせのように形が変わってしまうこともあります。まつげの向きが上下左右バラバラになってしまったり、マツエクが折れたり曲がったりしてしまうと結構目立ってしまい、せっかくマツエクをしているのに見た目が良くならないという悲劇を生んでしまいます。

マツエクを長持ちさせるコツ

うつ伏せ寝もマツエクのもちを悪くしてしまう原因ですが、長持ちさせるためには寝る時に注意すること以外にもコツがあります。もちを良くするための努力をすることで、うつ伏せ寝でもまつげの摩擦や痛みを軽減することができます。

髪の毛同様濡れたまま寝るのはダメ

髪の毛は濡れた状態のまま眠ると枕との摩擦によって痛んでしまいますが、マツエクも同様です。うつ伏せ寝さんがなるべくまつげを良い状態に保ちたい場合は、まつげの状態を良くするために濡れたままでいるのは良くありません。濡れたまま、という自覚はないかもしれませんが、お風呂上がりはタオルドライだけでは足りません。目元にもドライヤーを当てることをお勧めします。冷風で構わないので、毛流れに沿って梳かしながらドライヤーの風を当てて乾かしましょう。

うつ伏せ寝でも寝方を変えたら大丈夫

直接目元が枕と擦れたり、押し付けてしまって跡になってしまったりマツエクや自まつ毛を傷つけてしまわないための寝方として、腕で枕を作って目元に空間を作るようにすることや、顔を横向きにすることがお勧めです。

寝ている間のことは無意識なので枕で顔を擦っていないことに確証はないかもしれませんが、大人は基本的に寝ている間の動きはそれほど大きくありません。目元が直接当たらないように気をつけることでだいぶ違うと思います。

寝起きについ目を擦ってしまうことも摩擦により目元やマツエクに刺激を与えてしまうので、うっかり擦ってしまわないように気をつけましょう。

マツエクのデザインにも注意

うつ伏せ寝さんだけではなく、横向き寝さんにも注意してもらいたいのがマツエクのデザインです。寝る時の向きの癖によって、マツエクが取れやすいデザインがあります。横向き寝さんは目尻長めの垂れ目デザインやセクシー系のデザインだと寝る時に下になった方の目尻のデザインやもちだけ悪くなってしまうことがあります。うつ伏せ寝さんはどのデザインでも要注意ですが、お人形さんのような黒目の上のまつげ長めのデザインでは跡になってしまったり折れた時にかなり目立ってしまうので、ナチュラルなデザインがお勧めです。

マッサージや整体の時は要注意

自宅で夜眠る時に気をつけていても、マッサージや整体などで予期せずうつ伏せを促される時は要注意です。顔の向きも指定されることがあるのでマツエクであることを施術者に相談し、なるべく目元に何も当たらないよううつ伏せになれるように配慮してもらいましょう。横になる時の台には顔の部分に穴があるものもありますし、おでこが当たる部分に高めにタオルを畳んでもらうだけでもマツエクに当たらなくすることができるので、マツエクが馴染んで違和感がなくなってくると、ついつい注意を怠ってしまいがちなので、目元を触らないようにすることを癖づけるようにしましょう。

奥の手はゴーグル着用での就寝

マツエクは安い買い物ではありません。毎月5000円以上かかるものなのでなるべくなら長い時間楽しみたいものです。うつ伏せ寝を止めることが難しい場合は、ゴーグルを着用することもアリです。マツエクをつけた日のシャワー時にもお勧めですし、目を触らずにはいられない花粉症の方にもお勧めです。目に立体があるアイマスクやゴーグルをつけて寝る場合はうつ伏せ寝をやめなくてもいいので、ぐっすり眠ることができますね。

うつ伏せ寝は確かにマツエクのもちに関係しますが、マツエクをしていない場合でも自まつ毛を圧迫します。自まつ毛の場合でも目をゴシゴシ擦ることはあまり良くないのでなるべく顔や目に触らないようにするのがベストです。寝方以外でもまつげを労り環境を良くしてあげることに注意して生活しましょう。

マツエクサロン puuwaiではそんな摩擦に強いエクステをご用意しています。自まつ毛のようなしなやかなフラットラッシュ 、パーフェクトラッシュ技術特許は通常のエクステの負担が3分の1に軽減されています。

エクステの持ちでお困りの方は是非ご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事