BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 技術
  4. マツエクで黄金比率の瞳になれる!
マツエクミックスボリュームラッシュ38

マツエクで黄金比率の瞳になれる!

瞳の黄金比率をご存知でしょうか?

大きな瞳って可愛らしくて憧れを持っている方も多いはず!

しかし、ただ黒目が大ければ可愛くなれるわけではなく、一番可愛く見える瞳の白目と黒目の黄金比率が存在するのです。

最近ではカラコンや、マツエクで自由に目元を演出できるようになりましたが、この黄金比率を知っていると知らないではかなり見た目に差が出てしまうかもしれません!また、瞳だけでなく目と顔のバランスにも黄金比率が存在します。

本記事では、顔の黄金比率と、それに近づくためのマツエクやメイクの仕方などをご紹介していきます!

1対2対1が瞳の黄金比

美人の条件として、よく挙げられる「黒目がちな瞳」ですが、ただ黒目を大きくすれば良いというわけでなく、綺麗に見える黄金比率は決まっています。

もっとも瞳が美しく見えるバランスは、「白目:黒目:白目」で「1:2:1」といわれています。

ちなみに日本人の平均の瞳の黄金比率は「1:1.5:1」だそうです。

つまり、白目よりは若干黒目が大きくなおかつ黒目が大きく見えすぎない程度が理想的だと言えますね!

また、その他も細かく顔全体から考えた目の黄金比は決まっています。

・顔全体と目のバランスは、顔の横幅=目幅の5倍

・両目の位置は、目頭から目尻までの幅=両目の間隔

・目の縦横バランスは、縦:横=1:5

この黄金比率になるように黒目の大きさを調整することができれば、美人への一直線ですよ!

そのためには、まず自分の目の大きさや、顔全体とのバランスを知ることが肝心です。 

早速目のサイズを計測してみましょう。

カラーコンタクトで瞳の黄金比率を変える

カラーコンタクトは、色を変えるだけでなく、瞳のサイズも変えることができます。

大きいものでは、着色直径が15mmのものなどもあります。

黒目を大きくすることだけを考えるのではなく、自分白目と黒目のバランスを見て、黄金比率になるようにを選ぶようにしましょう。また、最近流行りの色素薄い系カラコンは、黒色のカラコンと比較すると同じサイズでも小さく見えることもあります。1DAYのものなら、使い捨てできるので、色々試して自分の目に合ったカラコンを見つけましょう!

マツエクとメイクで黄金比率に近づける

次に、タイプ別の顔を黄金比率に近づけるためのマツエクのデザインと、メイクのポイントをご紹介しましょう。

・目と目の間隔が離れているタイプ

目と目の間隔が離れている方は、黄金比率に近づくために目頭から中央にポイントを置きましょう。

マツエクでは目頭は基本的に、産毛の多いゾーンと言われています。なので通常は少し避けて施術します。

ですが、エクステの重みに耐えられそうな毛を選べば目頭もエクステをつけることができます。

目尻に重点を置くようなタイプのデザインにすると、さらに離れ目に見えてしますので注意が必要です。

メイクでは、切開ラインを引くとかなりグッと目の距離が近くなるのでおすすめですよ。

・目と目の間隔が近いタイプ

先ほどとは逆で目と目の間隔が近い方は、目尻にポイントを置くようにしましょう。

マツエクでは、セクシー系のデザインなどがとっても似合いますよ。

目尻のまつ毛をJカールにすることで、外側に目線を誘導できます。

また、メイクではアイラインを眺めに引き、目頭にはハイライトを入れることで黄金比率に近づけることができます。

・つり目タイプをタレ目にするには

つり目の方は、カール感のあるC、Dカールを使用するとくりっとした目を演出できます。

目尻には、カールの弱いエクステをつけて下がったように見せたり、長さを出して目尻が下がったように見せると良いですよ!

・タレ目タイプつり目にするには

目頭よりも目尻が上がって見えるようにするため、目尻ギリギリまでエクステは付けないようにするのがおすすめです。

目尻5mmはエクステを付けないようにすると良いでしょう。

丸顔、面長、ベース型、逆三角形の顔の形によってのマツエクデザインとメイクのポイント

次に、丸顔、面長、ベース型、逆三角形顔のタイプそれぞれに似合うマツエクのデザインをご紹介します。

まずは丸顔です。丸顔の方は、縦ラインを意識して視線を上に持っていくことを意識することが大切です。

ふわっとした印象が可愛らしい丸顔タイプですが、どこかきちっと締まる部分を入れると良いでしょう。

マツエクでは、CカールやDカールを選び、目尻は跳ね上げのアイラインなどを入れると、可愛いだけでなく大人っぽい印象にもなれますよ。

面長タイプの方は、なるべく目の位置を下に見せることを意識すると良いです。

ですので、マスカラを下まつ毛にしっかり塗るか、マツエクで下まつ毛も施術すると一気にバランスのとれた印象になりますよ!メイクでは、目尻寄りにポイントおき、なるべく目線が上に行かないように注意しましょう。

ベース型タイプの方は、顔の余白を埋めることを意識しましょう。

マツエクのデザインも、中央はカール感を出し、目尻では長さを出すようにすると良いでしょう。

メイクではすべてのパーツを大きくするように気をつけてみると印象がガラッと変わります。

シェーディングは必須です。ハイライトも使用し、全体的に立体感のある顔になるように意識していきましょう。

逆三角形顔の方は、丸みを帯びたライン演出するように心がけましょう。

マツエクも丸みがあるデザインがおすすめなので、キュート系デザインが良いと思います。

ブラウンのマツエクは優しい印象になるのでおすすめです。メイクでは、眉毛も並行眉を意識し、チークもふわっとさせることで丸い印象になれますよ。

まとめ

いかがでしょうか?

顔と瞳の黄金比率と、顔のタイプ別のマツエクデザインについてご紹介しました。

黄金比率は、美人に近づけてくれるので覚えておくと損はないですが、自分でコンプレックスに思っている部分って、実は周りの人からするとチャームポイントに見えていることも多いです。容姿に正解なんてありません。メイクは最大限に自分の魅力を引き出してくれる武器です!色んな自分を演出して、毎日がハッピーになれたら良いですよね☆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事