BLOG

マツエクブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 知識
  4. マツエクをつける際のアイメイク注意点

マツエクをつける際のアイメイク注意点

マツエクサロンに行くときに良く書かれている注意事項。

マスカラ以外も実は避けていただきたいんです。お客様によっては自まつ毛にアイシャドウが付いている事があるので目元のメイクは避けてきて下さい。可能ならメイクをしなくていい日をチョイスしてでサロンに行く事をイチ押しします。
目元をさければファンデーションやチーク、リップはOKなんです。とはいってもアイメイクをした状況ですと、化粧品には何らかの水分や油分が含まれます。まつエクは油分おの相性が悪いのでアイメイクやファンデーションが目元についている際は専用のまつげシャンプーで洗い流してもらうのがオススメです。アイラインは自まつ毛からわずか距離をとってエクステを付けるので、引いていても大丈夫という事でしたが、化粧が崩れてしまって自まつ毛に付いてしまう時もあるのでこちらもやらない方が良いです。

ファンデーションは特に問題ないのですが目元につかない様にお願いします。すっぴんに抵抗がある方はファンデーションのみでOK!何故マスカラやビューラーがダメなのかというと、まつエクは地まつげ1本1本にグルーという専門の接着剤でエクステをつけていきます。そこにマスカラが付いていると施術出来ませんし、ビューラーをしてしまうと自まつ毛が曲がってエクステが付けづらくなってしまうからなんです。 よくすっぴんで行かないといけないという事を言われますが、実のところは目元は何もしていない状況であれば問題ないのです。

まつげがビューラーで曲がったり、マスカラでコーティングされた状況でマツエクをつけると非常に不衛生な様子になります。ビューラーはまつげ自体を折り曲げてしまいますのでエクステを付ける際の接着面が少なくなりますのでやめて下さい。大いに 自まつ毛を痛めてしまいますのでマスカラをしたい場合はラッシュリフトをお勧めします。ビューラーは折り曲がったまつげにつけることとなるのでエクステが抜けて長持ちしないのでやめましょう。まつ毛はの状態は自分だと確認する事が難しくなってます。まつ毛は毎日とてもストレスがかかってきます。マスカラ、エクステの重み、メイク落としの際の摩擦などスキンケアと同時にまつげのケアもして頂けると嬉しいですね。エクステやまつげパーマをするかたは、スタッフさんに相談してみたり、まつげのホームケアアイテムの話を聞いてみてもいいですね。

まつ毛のケアはまつエクをしてない方も同様です。

まつ毛は「毛」です。とても繊細な毛であり印象を最も変えてくれるパーツの一つです。ケアをして長く、コシのあるまつげに育てましょう。サロンによっては自まつ毛に何もついていなければアイプチは言うまでもなく、アイシャドウやアイラインをしていても問題なしですが、施術を行い祭崩れてしまいます。お直し用のメイク道具を持ってくることをお勧めします。ニュースでマツエクトラブルが起きたというのは、こういった登録をしていない違法サロンでの話です。安さだけで選ばず、キッチリと許可をとっているサロンでマツエクをしましょう!

セルフマツエクでの危ういとお話しもあります。マツエクは美容師免許がないと施術ができません。1番トラブルで多々あるのが接着剤のグルーが目の中に入ってしまい、炎症をおこしたり瞼が腫れてしまったりする事です。必ずに自身で行ってはいけません。 そして、サロンの評判も必須です。なぜかと言うと、美容所登録をしていないサロンは掲載ができないからです。サイトホットペッパービューティーなどに掲載されているところが心配ないでしょう。必ず美容師免許と美容所登録があるか確認しましょう。安価にマツエクができても、間違いすると最悪失明する危ういがある事を認識していますか?

まつエクが日本に出始めた頃は多くの技術による事故が発生していました。マツエクを付けるには、自まつ毛がなければエクステを付ける事ができないので、まつげ美容液を使ってまつ育していました。そもそもマツエクは美容師免許という国家資格がないと施術をする事ができず、サロンに関しても美容所登録がされていないと違法になります。アイメイクに関してはサロンによって異なる事が多いので確認しましょう。アイメイクをしていい場合も、クレンジングがあるスペースやクレンジングオプションがあるかを確認してから来店しましょう。マスカラなどつうてある場合施術を断られっる場合もあるので注意しましょう。

施術後のメイク直しも注意する必要があります。

まつエクをつける専用の接着剤グールーは完全効果まで6時間ほどかかるものもあります。こちらはグルーの種類に異なってくる場合があるのでアフターケアもしっかり聞きましょう。目元に油分か多いファンデーションやアイラインなるべくまつエクにつかない様にお直ししてください。まつエクが濡れた状態がつづくとモチが悪くなります。せっかく付けたのに1週間ほどで取れてしまうとかなしいですね。きちんとホームケアをしてより綺麗で長持ちする様に丁寧に扱ってあげて下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事